Menu

妊活サポート整体

Home

妊活中のこんなお悩みに

・不妊専門のクリニックに通院しているが、なかなか結果が出ない
・人工授精や体外受精には抵抗がある
・妊娠しやすいカラダ作りをしたい
・卵子の発育が悪い。
・基礎体温が不安定でタイミングが分からない
・ストレスが多く精神的に不安定で、ホルモンバランスも悪いと感じる
・自然に赤ちゃんを授かりたい

生理不順が良くなって妊娠できました。

北花田町 みか様

以前から生理不順があり、結婚前はクリニックに通いピルを飲んでいました。

ピルを飲んでいる間は生理不順は落ち着いていましたが、ピルをやめるとまた生理周期が不安定になっていました。

1年半ほど前から、赤ちゃんがほしいを思っていましたが、生理不順のため、なかなかタイミングがとれず、時間だけが過ぎていきました。

こちらで施術を受ける様になってから、1ヶ月で順調に生理がくるようになって、妊娠することができました。

※個人の感想であり効果を保証するものでありません。

育ちにくかった卵が育ち、自然妊娠できました。

北花田町 えみこ様

堺市北区北花田 恵美子様 (35歳)

妊娠を希望してから2年間、クリニックに通院し4回体外受精をしましたが、思うような結果が得られませんでした。
5回目の体外受精のために採卵しようとしたところ、卵子の発育が悪く採卵することができませんでした。

元々、冷えがひどく、生理痛も重かったので、以前から興味のあった鍼灸施術にチャレンジしました。はじめの施術後から徐々に体が温かくなっていくのが分かり、生理痛も以前にくらべ軽くなっていきました。

クリニックでは何をやっても育たなかった卵子が、今回は鍼灸施術のみで育ち、自然に妊娠することができました。
※個人の感想であり効果を保証するものでありません。

不妊症は病気ではありません

現在、不妊症でお悩みの方は6組に1組と言われ、不妊症の割合は年々増加しています。

日本における不妊専門クリニックの数は世界一、また技術力も世界一です。
にもかかわらず体外受精での妊娠率は30%台とそれほど高くはありません。

そして出産率となるとさらに下がり10%台となってしまいます。

その原因の1つに不妊症を病気と捉えられているからと言えます。

不妊症はあくまでもただの症状です。不妊症という症状をもたらしている背景に目を向けないと症状の解決はうまくいきません。

例えば、植木鉢に植えている花が元気なくしおれているとします。この時あなたならどうしますか?

直接元気のない花に手を加えたりしませんよね?

ほとんどの方が水をあげたり、太陽の光を当てたり、土に肥料をあげたりするかと思います。

不妊症の改善もそれと同じで、体の環境を整えることがすごく大切なのです。

不妊専門整体で妊娠しやすい体作り

子宮や卵巣などの女性生殖器は骨盤の内部に安定して収まっています。

骨盤がゆがんでいると子宮や卵巣が圧迫を受けて血行不良や機能障害などの不調が現れます。

また、長時間のデスクワークやスマホなどで背中を丸めている時間が多く、呼吸が浅くなったり、冷え性、全身の血流低下も起こります。

体のゆがみを整えて、妊娠しやすい体作りをしていきます。

女性ホルモンバランス療法でホルモンバランスを整える

女性ホルモンバランス療法とは、東洋医学の理論に基づき、女性ホルモンのバランスを乱している原因を見つけ出し、それらを取り除いていく施術方法です。

鍼やお灸でツボに優しい刺激をあたえることで、女性ホルモンのバランスを整えて妊娠しやすい体作りをしていきます。

非常に軽い刺激なので、鍼の痛みや違和感を感じる事はありません。

それでも、鍼が苦手な方には刺さない鍼(てい鍼)で施術することもできますので、お申し出ください。

ファスティングで体を中からリセット

現代の私たちの体には食品添加物や環境ホルモンなどの有害物質の影響でダメージを受けています。

妊娠する前に体内に蓄積した有害物質を解毒することで、不妊要因を取り除き妊娠力が向上すると言われています。